Company

会 社 概 要

運営管理会社 ジオ株式会社
事業内容 廃蛍光灯をリサイクルした硝子原料を使用した
硝子アート作品の制作・展示・販売、制作体験。
施設名称 流氷硝子館(Ryu-hyo Glass Museum)
開館年月日 2010年5月2日
所在地 北海道網走市南4条東6丁目2-1
TEL:0152-43-3480 FAX:0152-67-4362
メールアドレス webmaster@ryuhyo-glass.com
休館日 毎週水曜日+不定休有り
運営管理責任者 軍司 昌信
従業員数 5名

流氷硝子館 沿革


2010年(平成22年)5月 流氷硝子館を開業
2011年(平成23年)8月~ 釧路・根室管内の教育旅行の受け入れ開始 ガラス体験を通して流氷硝子館の環境に対する取り組みや思いを伝えている。2020年度は約30校、1,400名の学生が見学体験に参加
2012年(平成24年)7月 びっくりドンキー店舗用照明として初採用
2012年(平成24年)8月 東急ハンズ渋谷店 酒の器コーナーに採用。東急ハンズ新宿店 ポップアップにて採用
2013年(平成25年) 流氷硝子館の製品が北海道認定リサイクル製品に認定。2014年からエコプロに出展
2015年(平成27年)1月〜 通信販売会社「FELISSIMO」(フェリシモ)【Mrs.fアップサイクル宣言Vol.3】で特集される
2015年(平成27年)5月〜 株式会社アレフ ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」店舗照明の製作開始。2020年10月時点で約70店舗、約1200個で採用
2016年(平成28年)2月 自社調合色「バッテリーブラウン」発表。乾電池のリサイクルで回収される亜鉛滓(あえんさい)を使用しブラウン色を生み出すことに成功
2016年4月~ 北海道網走桂陽高等学校商業課 商品開発の授業に講師として軍司昇、知恵子共に参加。2021年現在も継続中
2017年(平成29年)5月 東京渋谷区の原宿・神宮前 日本初のソーシャライジングホテルTRUNK(HOTEL)の客室用グラスに採用
2019年(平成31年)~ 北海道網走郡美幌町の「円舘工芸舎」木地師 円舘 金氏とのコラボレーションをはじめる。コラボレーション作品「サンピラー」発売に向けて準備中
2020年(令和2年)2月~ 一般社団法人TESHI-COLORとのパートナーシップにより川湯温泉の湯花をつかった色ガラスの開発。コラボレーション作品「川湯温泉ユノハナガラス」発売に向けて準備中

PAGE TOP